サンプル

【悪用厳禁】相手に話を聞いてもらう実践的テクニック7つ

自分の話を聞いてもらうには

  • まず相手の話を聞く
  • 親近感を沸かせる
  • 話したい内容を簡潔にまとめる
  • 笑顔を忘れない
  • 声のトーンを上げる

などはよく聞く話ですね?

「そういうのはわかってるんだけどなぁ…実際具体的なテクニックってないの?」

と思う人も多いのではないでしょうか。

今回は自分の話を相手に聞いてもらうための具体的なテクニックをお教えします。

身に着けることができれば、あなたの話はたちまち相手に聞いてもらえるようになりますよ!

[cc id=272 title=”レスポンス”]

[cc id=274 title=”目次”]

1.さりげなく相手の動作を真似る【ミラーリング】

人は自分と同じ共通点をもっている相手に対して心を開きやすいと言われています。

それは仕草や言動などにも当てはまります。

話を聞いてほしい相手の仕草や行動をさりげなく真似してみましょう。

例えば

  • 相手が飲み物を飲むタイミングで、自分も飲み物を飲む
  • 相手の呼吸と自分の呼吸のタイミングを合わせる
  • 相手が笑顔を見せたら、自分を笑顔を見せる

などです。

注意点として、あまりあからさまにやりすぎると、相手に悪印象を与えてしまうので気を付けましょう。

2.思い切って自分の悩みを打ち明ける【相互開示】

何度か会ったことがあり、お互いに少し打ち解けてきたなら、思い切って自分の悩みを打ち明けてみましょう

人は相手が心を開いていると感じると、自分も心を開きやすいという実験結果が出ています。

「自分にこんな話をしてくれるなんて、信頼してくれているんだな」「この人の話ならちゃんと聞いてあげよう」という流れにつながっていきます。

悩みの内容がなかなか人に打ち明けられないような内容ほど効果があります。また、身の上話なども効果的です。

注意点として、そこまで仲良くなっていない相手に対して重すぎる内容を話すと引かれてしまう可能性があるので気を付けましょう。

3.「おねがい」するだけで聞いてもらえる【疑問形指示】

普段誰かに頼みごとをする際、どのように伝えていますか?

何気ない一言でも、「この人感じ悪いなー」なんて思われているかもしれません。そんな風に思われてしまったら、こちらの話なんてちゃんと聞いてはくれません。

人にお願いごとをするときは、語尾を疑問形に変えることで、かなり印象が良くなります。

例を見てみましょう。

  • コピーとっておいて
  • ちょっとこの話聞いてよ
  • ごはん用意しといて

この言葉を

  • コピーとっておいてもらえる?
  • ちょっと話聞いてもらえるかな?
  • ごはん用意しておいてもらえる?

と言い換えるだけで、かなり印象が良くなっていますね。

相手の受け取り方にも気を配ることができればあなたの印象もよくなり、あなたの話もちゃんと聞いてもらえるようになります。

4.結論の位置は男女によって変える【クライマックス法】

会話の結論(オチ)をどこに持っていくかで話の印象は大きく変わります。

話のオチを最後に持っていく方法を「クライマックス法」といい、話のドラマティックさを演出することができます。

相手が自分の話に興味がある場合に効果的です。

話のオチを最初に持ってくることを「アンチクライマックス法」といい、最初に結論を持ってくることによって相手にインパクトを与えることができます。

相手が自分の話に興味が薄い場合、乗り気ではないときなどに効果的です。

男性は「アンチクライマックス法」を好み、女性は「クライマックス法」を好むといわれています。

相手の性別を見て話しの構成を変えていくことにより、より自分の話を聞き入れてもらいやすくなります。

5.ツンデレはモテる!?【ゲイン・ロス効果】

ツンデレはモテるというのはなんとなくイメージがつく人も多いのではないでしょうか?

実はこれは心理学的な確証があり【ゲイン・ロス効果】と呼ばれています。

【ゲイン・ロス効果】とは、最初に与える印象を下げ、後に与える印象を上げることで、後に与えた印象がより強く残るという心理現象のことです。

ヤンキーが捨て猫を拾っている場面を想像すると分かりやすいでしょう。

高度なテクニックですが

  • 最初に気難しそうに見せて、実際話すときは気さくな態度で話す
  • 厳しい意見を言った後に、相手を認めて褒める

などの使い方ができれば、相手はあなたに対して通常よりも良い印象を持つことでしょう。

6.忙しさで特別感を演出【バート・トゥ・ゲットテクニック】

普段忙しくてなかなか予定が合わない人が、自分のために予定を空けてくれたら嬉しくなりますよね?

この現象を意図的に起こすことを【バート・トゥ・ゲットテクニック】と呼びます。

人は「特別扱い」されることを心理的に好む傾向があります。

「他の人が手に入れられないものを手に入れた」という感覚が心に働きかけ、相手に自分の話を聞かせるのに高い効果を生みます。

例としては

  • あなたにしか頼めないことなんだけど
  • あなたのために予定を空けておいたから
  • ここだけの話なんだけど

といった使い方をするのが、相手に話を聞いてもらいやすくするのに効果的です。

人には承認欲求というものが存在します。「自分にしか話せないこと」という心理効果が、あなたの話に説得力を持たせることでしょう。

7.占い師の常套手段【バーナム効果】

  • 「あなた、現状の生活にある程度は満足していても、実は将来に不安を抱えていますね。」
  • 「あなた、周りの目を気にしてストレスを感じることがありますね。」
  • 「あなた、過去に起きた問題のせいで、今も苦しむ瞬間がありますね。」

「お、なんだか当てはまるな」と思いませんか?

実はこれ【バーナム効果】といって、あいまいな表現や、誰にでもある程度経験があるものを指摘されることにより、自分だけに当てはまると捉えてしまう心理現象のことなのです。

人は自分の性格を当てられたと感じると、無意識のうちに相手を信頼してしまう傾向があります。

相手との会話の中で【バーナム効果】を利用することで、信頼関係を容易に気づくことができます。

相手との信頼が築けていけば、相手はあなたの話をちゃんと聞いてくれるようになるでしょう。

[br num=”3″]
[cc id=270 title=”2カラム”]

第一印象が与える影響とは?第一印象を良くするための5つのポイント

今回は

  • 第一印象とは何か
  • 第一印象が相手に与える影響とは
  • 第一印象を良くする5つのポイント

について考えていきたいと思います。
[br num=”1″]
[cc id=272 title=”レスポンス”]

[cc id=274 title=”目次”]

第一印象とは

第一印象とは

人や物に触れたとき、最初に受けた感じ

のことです。

第一印象とは言葉の通り、人やものを初めて見た時の最初の印象のことであり、一度だけの感情です。

出会って数秒で決まってしまうと言われており、一度与えた印象は簡単には変えられません。

第一印象で受けたイメージは、その後その人と関わっていくための基本的なスタンスを決めてしまうほど強烈なものであり、第一印象が悪いと、対人関係にも大きな問題が生じます。

逆に第一印象が良ければ、その後の関係性も良好になりやすく、ビジネスや恋愛の場面では最重要とされているくらい大事なものなのです。

人は見た目が9割!メラビアンの法則

人は見た目が9割」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

これはメラビアンの法則という、アメリカの心理学者 アルバート・メラビアン によって発表された論文のなかにある「コミュニケーションで相手に与える印象には、話の内容よりも、表情や口調の方が強く影響する。その割合は、言語情報(話の内容)が7%、聴覚情報(口調や声のトーン・話すスピードなど)が38%、視覚情報(見た目や表情・動作など)が55%である」という研究結果から言われるようになった言葉なのです。

メラビアンの法則については誤解されていることが多く、普段のコミュニケーションには当てはまらないとされていることもありますので、この法則をそのまま信用してしまうのは少し違いますが、それでも実際に第一印象を意識する上で参考になることは間違いないでしょう。

相手を受け入れる4つの壁

メラビアンの法則から発展していった解釈によると、相手を受け入れるまでには4つの壁があるとされています。

  1. 第一の壁 【外見】表情・服装・髪形・体型など
  2. 第二の壁 【態度】姿勢・しぐさ・立ち振る舞いなど
  3. 第三の壁 【話し方】声の大きさ・言葉遣い・テンポなど
  4. 第四の壁 【内容】話の内容

それぞれを意識し、改善していくことにより、コミュニケーションも向上することでしょう。

それぞれの具体的な方法については後述しますのでそちらをご覧ください。

第一印象のイメージがその後にも影響?初頭効果

初頭効果とは

  • 最初のイメージがその後長期間にわたってその印象を決めつける大きな要因になってしまうこと

です。

簡単に言うと、「一番初めのイメージがそのあともずっとついて回って、何をするにしても最初のイメージを通して見られてしまうこと」ですね。

第一印象は出会ってから数秒で決まってしまうと言われています。最初の数秒で決まってしまう印象が、その後長期間にわたって影響し続けるということは、第一印象はとても重要だということですね。

第一印象として感じたことを証明したくなる?確証バイアス

確証バイアスとは

  • 自分の価値観や先入観を証明するために、自分にとって都合のいい情報だけを集めてしまうこと

です。

自分が相手に対して抱いたイメージを確証づけるために、そこに偏った考え方で相手に接したりしてしまいます。

第一印象が良ければ、その相手に対する対応は良いイメージを裏付けするようなものとなります。逆に第一印象が悪ければ、悪いイメージを確認するように接していってしまうのです。

例としては

部屋が散らかっている友人がいる

  • ・第一印象「めちゃくちゃ仕事ができそう」→「仕事が忙しくて片づける暇がないのはしょうがないよね」
  • ・第一印象「ぜんぜん仕事ができなさそう」→「こんなんだから仕事もできないんだよ」

といった感じですね。

与える第一印象によって、相手はそれに沿うように考え進めてしまうのです。

【状況別】相手が重要視している第一印象の要素

様々な状況の中で、相手が第一印象のどの要素を重要視しているか、それぞれ具体的に考えていきましょう。

ビジネス

初対面の相手の第一印象を決める上で最も重要だと思うものをひとつだけお知らせください。

(選択肢:単一選択:回答者総数:1674)

上の表は第一印象の良さについて最も重要視するのはなにか、という設問に対してのアンケート結果です。中でも注目すべきは「表情」の部分が7割近く重要視されているということです。

目線を合わせて話すかも20%の割合となっており、「笑顔が明るく自然で、感情表現が豊かであり、ちゃんと目を見て話す」ことが第一印象の良い営業マンの条件ということですね。


営業マンの第一印象を悪くする最も大きな要素をお知らせください。

(選択肢:単一選択:回答者総数:1680)

上の表は、職場や家庭、販売店などで初めて対面する営業マンの態度や行動について、あなたが「第一印象が悪い」と感じるものの中で最も重要視する部分のアンケート結果です。

こちらでも約半数が「表情」についてですが、「話し方」や「声のトーン」などの占める割合も【第一印象の良さのアンケート】の中での割合より多くなっており、第一印象の悪さには話し方も影響してくるということがわかりますね。

 

恋愛

10代から50代までの各世代男女100人、合計1000人に聞いた
【異性の第一印象で最も気になるポイント】
順位(票数) 第一印象で最も気になるポイント
1位(306票)
2位(168票)
表情
3位(95票)
気にしない
4位(94票)
話し方
5位(70票)
スタイル

上の表によると、異性に対する第一印象の最も気になるポイントは「目」だということですね。続いて「表情」と来ています。
「目」は全世代で1位、「表情」も全世代で3位以内と、全体の全世代の半数近い人数が「顔」を見て第一印象を決めているということですね。
「目や表情には人間性が出る」といった意見が多いようです。



[br num=”1″]

上のグラフによると、「第一印象が悪い」と思った割合は男女ともに「清潔感がない」「態度が気になるが」1位2位となっています。

男性は「容姿がタイプではない」が3位に来ているのに対して、女性は3位が「話し方」4位が「匂い」と、男性は容姿を重要視し、女性は男性よりも感覚的なものを重要視するという結果が出ています。

第一印象の分かれ目は「表情」と「目」

先述したデータから分かることは、第一印象の良し悪しを決めるのは「表情」「目」であるといえます。ビジネスの場面でも、異性と関わる場面でも、悪い第一印象を与えないためにはこの2つに注意しましょう。

第一印象を良くする5つのポイント

さてここで、第一印象をよくする5つのポイントを具体的に見ていきましょう。

  1. 自然な笑顔で接する
  2. 相手の目を見て話す
  3. 身だしなみに気を遣う
  4. 姿勢を正しく、態度・仕草に気を付ける
  5. 焦らず、動作はゆっくり

1.自然な笑顔で接する

先述のデータからも分かるように、第一印象を良くするために一番大事なものは表情です。感情表現を豊かにするということは相手にも良い印象を与え、あなたに興味を沸かせます。

そのなかでも最も重要なのは「笑顔」でしょう。さわやかで自然な笑顔を心掛けて接することで、あなたの第一印象はかなりよくなります。

2.相手の目を見て話す

「目は口ほどにものをいう」ということわざにもあるように、「目」が相手に与える印象はとても大きいものです。目を見て性格を判断するという人も多いでしょうし、顔のパーツで一番好みがわかれるのも「目」です。

しかしその大事な「目」も、相手の「目」を見て話す事ができなければ印象がどうこうという問題ではありません。相手の「目」を見て話すことが出来なければ、良い印象を与えることなどできないのです

しっかり相手の「目」を見て話しましょうね。

3.身だしなみに気を遣う

  • びしっと着こなしたスーツ、綺麗に磨かれた靴、整髪料で整えられた髪
  • サイズのあってないだぼだぼなスーツ、薄汚れた靴、寝ぐせのついたままの髪

あなたが面接官ならどちらに好印象を持ちますか?

身だしなみというのはその人の人間性を表します。人前に出る大事な場面で、やる気のなさを感じさせるような身だしなみでは人間性を疑われても仕方ありません。

好印象を持ってもらうためにも、「服のサイズ感」「服のシワや汚れ」「靴」「髪型」には最新の注意を払いましょう。

4.姿勢を正しく、態度・仕草に気を付ける

Correct spine posture. Position of body when walking.

カフェやごはん屋さんで、背筋をピンと伸ばし、顎を引き、礼儀正しく振る舞っている人を見て好印象を持ったことはありませんか?

立ち振る舞いはその人の育ちの良さを表します。猫背で姿勢も悪く、人と接する態度も悪いとなっては、人間性を疑われても仕方がありません。

普段から誰に見られているか分からないような場面でもだらっとせず、しっかり意識していきましょう。そうすることで、いつどんな場面でも自然と好印象な立ち振る舞いをすることができます。

5.焦らず、動作はゆっくり

落ち着いていてゆっくり丁寧に話す人に、人は信頼感や安心感を抱きます。

余裕のある振る舞いは、相手にも余裕を与え、ビジネスにおいても恋愛においても好印象です。

緊張してしまう場面に遭遇したら、まずは深呼吸し落ち着きましょう。そのあと焦らずにゆっくりと喋ることを意識して接することによって、相手のあなたに抱く印象は劇的に良いものとなります。

さいごに

いかがだったでしょうか。

第一印象は、相手とのコミュニケーションを築くにあたってとても大きな影響を及ぼしていることがわかりましたね。

第一印象を良くすることが出来れば、仕事もプライベートも充実することでしょう。

コミュニケーションが苦手だと思う人は、まずこの第一印象を良くするということにこだわってみると、周りのあなたを見る目も変わってくるかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

[cc id=270 title=”2カラム”]

人生に効く!【哲学に学ぶ】自信が持てる名言・格言32選

世界の哲学の偉人たちの格言・名言をまとめてみました。

これらの言葉にはパワーがあります。「いいこと言ってるなぁー」と感心しながらも、明日を生きる勇気が湧いてくるような、そんな言葉たちです。

落ち込んだ時や道に迷いそうになったときは、偉人たちの言葉に触れてモチベーションを上げましょう!
[br num=”1″]

[br num=”1″]

世界の哲学者の格言・名言集

ソクラテス

1.自分自身が無知であることを知っている人間は、自分が無知であることを知らない人間より賢い。

自分が何も知らないことを知っているからこそ、たくさんの物事に対して興味を持ち、探求し吸収していくことができます。

自分が何も知らないことを知らなければ、新しいことを知ろうとすらできませんね。

2.よりよく生きる道を探し続けることが、最高の人生を生きる事だ。

今の現状に満足することなく、常に今よりもいい人生を探し続けるとこはすごく楽しいですし、ワクワクしますよね。立ち止まらず、どんどん進んでいきましょう!

3.世界を動かそうと思ったら、まずは自分自身を動かせ。

自分の目に映る世界は自分のものでしかありません。自分が見ている世界を動かしたいと思ったら、まずは自分が動いてみましょう。自分が行動することでしか、世界を変える手段はありません。

4.一番小さなことで満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれた富だからだ。

日常の些細なことでも幸せを感じ、感謝していきましょう。朝ご飯を作ってくれるお母さんや、帰りを待ってくれている恋人、悩みを聞いてくれる友人。すべてに感謝し心を充実させていきましょう。

5.あなたのあらゆる言動を褒める人は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼できる。

本当にあなたのことを想ってくれている人は、ちゃんとあなたのことを叱ってくれる人です。あなたの幸せを願うからこそ厳しいのです。身の回りにいるそんな人たちこそ、本当に信頼できる存在だと言えますね。

ニーチェ

6.いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ち上がり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして飛ぶことはできないのだ。

大きなことを成すとき、そこには正しい過程が必要です。しっかりとした順序を踏んでこそ、その先の成功があるのです。

7.樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には、種なのだ。

人は表面上の華やかさに目が行きがちですが、本当に大事なものはその先にあります。種がなければ芽は出ません。芽が出なければ、草木は育ちません。物事の一番大切な部分は一番最初の、根本的な部分なのです。

8.世界にはきみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道がどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。

あなたにしかできないことが必ずあります。あなたにしかできないことを見つけ、その道をひたすら進んでいきましょう。先の見えない道を進むのは不安なことですが、諦めずに進んでいきましょう。結果は後からついてきます。

9.あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。

どんなことをしていても、いつでも弱い自分が邪魔をしてきます。その弱い自分に打ち勝たなければ前進はありません。

10.愛されたいという欲求は、自惚れの最たるものである。

誰かから愛されたいと思っていては、偽りの愛しか手に入りません。愛されるべき存在になるためには、まずは自分が愛することから始めましょう。

11.目的を忘れることは、愚かな人間に最もありがちなことだ。

いつも道に迷って進めない人ほど、いつのまにか目的を忘れてしまっています。今何のために行動しているのか、その目的を常に意識するようにしましょう。

12.たくさんのことを生半可に知っているよりは、何も知らないほうがよい。

たくさんのこと中途半端に知ってしまうと、逆に何をしたらいいか分からなくなってしまうことがあります。「これ」と決めたら、まずはやれるところまでやりきってみましょう。

フロイト

13.言葉で諦める者は、現実でも諦める者だ。

「どうせできない」と言葉に出しているうちは何もできません。できるかどうか分からなくても、まずは言葉で「ぜったいできる!」と言ってみましょう。

14.たくさんの失敗を重ねてみて、はじめて真実の全体像が見えてくるのだ。

様々な可能性を求めれば必ず失敗することがあります。なにかを成そうとするとき、それはまっさらな紙に地図を書き記していくようなものです。失敗を繰り返して、その地図を完成させていくことで、目的地にたどり着くことができます。

15.あなたの強さは、あなたの弱さから生まれる。

完璧な人間などいません。自分の弱さを認め、素直に人に頼ることが本当の強さなのです。

16.愛されていると確信している人間は、どれほど大胆になれることか。

自分は愛されている、そう心から感じられている時ほど心強いものはありませんよね。自分を愛してくれている人を大事にしましょう。

アドラー

17.他の人の自分に対する評価はその人の個人的な意見であり、自分の評価そのものには関係しない。

他人の評価は他人のものです。もちろんそれを無視してはいけませんが、他人の評価に振り回されてはいけません。

18.カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。相手を支配するために怒りという感情を作り出したのだ。

カッとした時はまず落ち着いて、怒りという感情を使わずに相手に伝えられる方法を探しましょう。怒りは理解には必要のないものです。

19.自分の不完全さを認め、受け入れなさい。相手の不完全さを認め、許しなさい。

誰しもが完璧ではないことを理解しましょう。自分を認め、相手を認めることで、その人とよりよい関係を築くことができます。

20.人は失敗を通じてしか学ばない。

人は上手くいっているときは何故上手くいっているか考えないものです。失敗には学ぶことが多くあります。失敗から学び、同じ失敗を繰り返さなければ、いずれ成功へと導かれていくことでしょう。

プラトン

21.いかに知識を身に着けたとしても全知全能になることなどできないが、勉強しない人々とは天地ほどの開きができる。

どれだけ学び成長しても、世の中には自分の知らないことがまだまだあります。ですが常に学び続けていれば、学ばない者との差は圧倒的になるのは間違いありません。

22.賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く。

本当に分かっている人は必要なことしか喋りません。まずは他人の話に耳を傾け、何を言わんとしているかを考えましょう。

23.自分に打ち勝つことが最も偉大な勝利である。

最大の敵は自分自身です。怠けそうになる自分、逃げ出しそうになる自分と戦って、打ち勝っていきましょう。

エマーソン

24.偉大な栄光とは失敗しないことではない。失敗する度に立ち上がることにある。

失敗を恐れていては何も成すことはできません。あの有名な発明王エジソンですら、電球を発明するまでに1万回失敗したと言われています。何度失敗しても諦めなければ必ず成功します。

25.恐怖は常に無知から生じる。

何かをしようとするとき、何も知らなければ何もできません。先の見えない真っ暗な道を進む時は、ライトという名の知識がいるのです。

26.絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、自分らしくあり続けること、それが最も素晴らしい偉業である。

世界は様々な手段であなたを誘惑してきます。その中で自分らしく芯をもって生きる事はとても難しいことです。何が正しいかを見失わないよう、いつでも自分らしさを意識して生きましょう。

27.他人とは自分自身の心を読み取ることのできるレンズである。

「人は鏡」とはよく言いますが、自分に余裕がなかったり、イライラしていたりすると、周りの人もそう見えてしまうことがあります。そんな時は、まず自分自身を見つめなおして、その原因を考えてみてください。

28.自分に何ができるかは、自分以外の誰にも分からない。いや、自分でもやってみるまで分からないものだ。

自分の可能性とは未知数なものです。それは自分自身にすら分かるものではありません。結果など誰にもわからないのですから、まずは何事もチャレンジしてみましょう。

ラッセル

29.それが何であれ、あなたの得意なことが幸福に導いてくれる。

不得意なことをやり続けると、効率も悪くストレスも溜まります。人は誰にでも得意不得意があります。自分に得意なことを選び、続けていくことができれば、人生はとても楽しいものになるでしょう。

30.愛を恐れることは、人生を恐れることだ。人生を恐れるものは、すでにほとんど死んだも同じだ。

人を愛することに臆病になってしまうと、誰からも愛してもらえません。愛のない人生ほど彩りのないものはないのです。臆することなく、誰かを本気で愛した者にこそ、本当の幸福が待っています。

31.不幸な人間は、いつも自分が不幸であることを自慢しているのものです。

不幸自慢とはよく言ったものですが、不幸な人間ほど自分の不幸を他人に理解してもらおうとします。実はその考えが自分をより不幸にしていることに気付けていないのです。どんなに不幸を感じても、それをまわりに押し付けてはいけません。

32.人間、関心を寄せるものが多ければ多いほど、ますます幸福になるチャンスが多くなる。

興味があるということはとてもいいことです。たくさんのことを知り、体験することで経験値が溜まり、よりよい人生を過ごしていくことができます。

さいごに

いかがだったでしょうか?

ここで紹介させていただいた名言・格言はほんの一部分です。

成功している人は必ず自分の人生の格言をもっています

あなたも沢山の格言の中から、「これだ!」と思える人生の格言に出会っていきましょう。

この記事がそのきっかけになれば幸いです。

 

 

 

By SHUN

潜在意識に語り掛けモチベーションアップ!自己効力感を身に着ける5つの方法

あなたは自己効力感という言葉を知っていますか?
聞きなれない言葉かもしれませんが、あなたが自信を持って行動するためには必ず必要なものなのです。
このページでは、自己効力感とは何なのか、自己効力感の高め方から、その使い方までを書いていきます。
[br num=”1″]

 

自己効力感とは

自己効力感とは、カナダ人の心理学者 アルバート・バンデューラによって提唱された

自分が状況ごとにそれぞれ望む結果を得るために、必要かつ適切な行動は何かを予測し、それができるという可能性を認識する

ということです。

自分ならできる!というイメージを自分に抱くということですね。

このイメージを持つことは、新しいことに挑戦するときや、何か問題に直面した時の自己判断・モチベーションの維持に大きな影響を与えます。

一般的には育児教育の際の有用な心理学として用いられることが多いのですが、大人になったいまでも、実は常に意識し持ち続けなければならない重要な感覚なのです。

自己効力感の高い人・低い人

自己効力感の高い人のパターン

自己効力感の高い人は、様々な問題に直面した時に「自分ならなんとかなりそう」「きっと自分ならできる」というように、自分を信頼し、スムーズに行動に移ることができます。

問題を解決している自分をイメージすることで、その問題に前向きに取り組む気持ちを作り上げ、問題解決のためのモチベーションを高め維持することができます。

また、行動も早いため、課題を解決する可能性も高くなり、それによりさらに自己効力感が高まるといういいサイクルを生み出します。

  1. 解決しなければならない問題・達成しなければならない課題が発生

  2. 自分ならできる!自分なら何とかできそうだ!という気持ちによるモチベーションアップ・行動力アップ

  3. 目標の達成・自己効力感がさらに強まる

  4. 新しい課題・問題が発生しても高い自己効力感で取り組める

自己効力感の低い人のパターン

 

自己効力感の低い人は、様々な問題に直面した時、「自分なんかができるわけない」「どうせまた失敗する」と考えてしまいます。

成功している自分をイメージすることができないため、どうしても課題に立ち向かう力が湧かず、行動も遅くなりがちだったり、やり始めてもすぐに諦めてしまいます。

ゴールの見えないマラソンは走れない、ということですね。

腰を上げるのも遅く、実際に取り組んでも立ち止まってしまったり、途中で辞めてしまうことが多くなるので、なかなか結果も出にくく、さらに自己効力感が低くなっていくという負のスパイラルです。

  1. 解決しなければならない問題・達成しなければならない課題が発生

  2. どうせ自分にはできない…どうせ失敗する…という気持ちによるモチベーションダウン・行動に移さない

  3. 目標が達成できず、自己効力感が下がる

  4. 新しい課題・問題が発生しても前向きに取り組めず、更に自己効力感が下がる

[br num=”1″]

成功者はみんな自信家である

あなたが思い浮かべる成功者は誰でしょうか?

会社の上司、あこがれの先輩、テレビの向こうの大富豪、きらびやかな芸能界の住人たち・・・

彼らに共通していること、それは「自分に自信を持っている」ということです。

成功し様々な結果や功績を残している彼らが自信家であるのは当たり前なような気もしますが、果たして彼らは最初からそうだったのでしょうか。

どんな成功も、その成功を求め行動を起こすときには、何も無いところからのスタートです。誰しもが同じスタートラインから始めるとき、その目標を達成できる人とできない人のは何なのでしょうか。

それは、「自分ならできる」と信じ、行動を起こし、努力し続けるためのモチベーションを維持できるかどうかです。つまりは自己効力感を常に高く持ち続けることだと言えますね。

自分を信じ、前に進み続け、目標を達成し、また次の目標に向けて進む。その原動力となるものが自己効力感なのです。

自己効力感を高める5つの方法

自己効力感は主に

  1. 達成・成功経験
  2. 代理的体験
  3. 言語的説得
  4. 生理的情緒的高揚
  5. 想像的体験

の5つからなっているとされています。

それぞれの要因から、実際に自己効力感を高める5つの方法を取り入れていきましょう。

1.小さな目標を立てて、目標を達成する回数を増やす

これは一つ目の達成・成功体験に基づく方法です。

自己効力感は、自分自身が目標の達成や課題の解決をした時に一番高まると言われています。

いきなり達成できそうもないような大きな目標を立てたり、大きな問題に取り組んでもすぐには結果は出ません。途中で挫折してしまうような目標設定では、自己効力感はものにできないのです。

まずは自分が「できる!」と思えるような小さい目標から設定してみましょう。

例えば

  • ダイエットならば、「2カ月で10キロやせる」ではなく、「一日○○キロカロリーに抑える」・「毎晩1時間歩く」
  • 読書であれば、「1か月で10冊読破する」ではなく、「毎日30分は本を読む」
  • 好きな人と付き合いたいのであれば、「今年中には告白して付き合う」ではなく、「まずは毎日連絡を取れる中になる」

といったように、日々の生活の中で自分にできそうな事を探し、それを目標として掲げましょう。小さなことから始めて、達成できたら徐々に目標のレベルを上げていくと、だんだんと自己効力感も育ち、いずれ大きな目標にも立ち向かえるようになります。

2.成功している人のマネをする

二つ目の代理的体験の部分ですね。

代理的体験とは、他者が成功している姿を見て「自分にもできそうだ」と思うことです。

具体的にどういう方法として実践すればいいかというと、「人のマネをする」ということです。

自分の目標や課題に対して、すでに結果を出している人がいると思います。その人をマネしてみる、ということですね。「あの人がやっていたことをやれば、自分もできるはずだ!」と思い込むことが大事です。その際、なるべく自分が同じようにできていることをイメージできるくらい自分の状況に近い人を参考にしましょう。

例を挙げてみると、

  • ダイエットの場合、「自分と同じような体型・年齢の人のダイエットブログを見てそのとおりマネする」
  • 仕事で好成績を出したい場合、「身近な自分より仕事のできる同僚の生活パターン・行動・発言や態度などをマネる」
  • モテたい場合、「身近にいるモテている人をよく観察し、モテる要因と思われるものを自分も実践してみる」

などですね。

ビジネスの世界でも「まずは成功者のやり方をマネることから」と言われます。

身近な人の成功パターンをマネすることによって、成功した後のイメージも描きやすきなります。ただし、あからさまにマネしてしまうとその身近な人に嫌われてしまうかもしれませんので、くれぐれもその人が見ている前ではあからさまにマネることは控えたほうがいいでしょう。

3.鏡を見て「自分ならできる!」と繰り返す

3つ目の言語的説得は、言葉で「できる」「きっとうまくやれる」と励まされることです。

理想としては、いい友達や家族・上司などから的確に勇気づける言葉を掛けてらうことですが、現実問題そう上手く励ましてくれるとは限りません。

そこでとっておきの方法は自分で自分のことを励ましちゃうという方法です。

心の中で言い聞かせても効果はありますが、一番効果があるのは鏡の前で、鏡に映る自分に向かって言うことです。

鏡を見ながら「自分ならできる」「僕なら必ず成功する」「わたしには能力がある」と繰り返してみましょう。最初は恥ずかしいと思いますが、誰も見ているわけではありません。自分一人の空間で、自分自身に対して励ましかけましょう

日々繰り返していくことで、驚くほど自己効力感が高まります。

このやり方はアファメーションと言って、トップアスリートから一流企業の社長さんまでもが実践しているやり方です。

自分で自分を励まして、自己効力感をどんどん高めましょう!

4.勢いづかないときはお酒の力に頼っちゃう

四つ目の生理的情緒的高揚は、簡単に言うと「気持ちの切り替え」です。

落ち込んでる気分の時に楽しい音楽を聴いたりしてテンションを上げたり、お酒を飲んで明るくなったりと、その時々の感情の高揚によって自己効力感を高めることができますが、これは一時的なもので長続きしません

ですが、どうしても気持ちに勢いがつかないときは、むしろお酒の力を借りちゃいましょう

普段言いたくても言えないことや、伝いたい思いがある。でもなかなか伝えることができない。そんな時はお酒の席にでも誘って、酔った勢いで伝えてしまいましょう。相手もお酒が入っていれば、あなたが思うよりもスムーズに気持ちを受け入れてくれるかもしれません。

生理的情緒的高揚で高まった自己効力感は長続きはしません。他の要因と組み合わせて、上手に自己効力感を高めていきましょう。

5.目を閉じて、成功した自分を妄想してニヤニヤする

最後の五つ目は、想像的体験です。目標を達成している自分をイメージして自己効力感を高めていくことですね。

オリンピックの試合前などに、選手が椅子に座って目を閉じて集中している姿などを目にしたことはあなたにもあるでしょう。この時彼らは成功している自分を頭の中でイメージしながら、モチベーションと集中力を高めているのです。プロのメンタルトレーニングでも必ず取り入れられているほど、目標達成には必要な要因といえます。

新しい課題に取り組む際、またはここぞと言うような場面だけではなく、普段の生活の中でも、常に「できる自分」をイメージしましょう。目を閉じて、成功している自分を妄想してニヤニヤしちゃってください。すると自然に目標に立ち向かう勇気ややる気も湧いてきて、達成の確率も飛躍的に向上することでしょう。

まとめ

ここまでのおさらいです。

  • 自己効力感とは「自分を信じて、前向きに行動していくための源となるもの」
  • 自己効力感の高い人は何事も上手くいく確率が上がる、逆に低い人はどんどん上手くいかなくなる
  • 成功者はみんな自己効力感が高く、自分に自信を持っている
  • 自己効力感を高めるには「小さい目標を立てて目標達成の回数を増やす」「成功している身近な人のマネをする」「鏡を見て自分を励ます」「勇気が出ないときはお酒の力を借りちゃう」「できている自分を常にイメージする」

さいごに

いかがだったでしょうか。

自分を信じる力の源となる自己効力感。いかにこの自己効力感を上手に高めるかがあなたの今後の人生のカギとなります。

自分を変えたいとこのサイトを訪れた自分革命家のみなさま

迷ったときはこのページを見て、自己効力感を高める際の参考にして頂ければ幸いです。

今後も自分革命.comと一緒に、自分に革命を起こしていきましょう!

 

By SHUN