あなたは今恋をしていますか?

恋愛は楽しかったり、苦しかったり、寂しかったり、幸せだったり、本当にたくさんの感情を生み出しますよね。

「恋愛はめんどくさい…」「仕事が忙しくてそんな余裕が…」「お金がなくて恋人なんて作れない…」

そういった理由から恋人を作らない人が増えていますが、今回は恋人が居ない人、あるいは恋人を作らない人に向けて

恋人を作ると起こる15のいいこと

について考えていきたいと思います。

現代人の恋人離れは進んでいる!

2016年9月15日、国立社会保障・人口問題研究所は、独身者に対して「現在恋人がいるか」「いずれは結婚したいか」という内容を含んだ【出生動向基本調査】を行いました。

 

出生動向基本調査は、わが国の結婚と夫婦出生力の動向ならびにその背景を定期的に調査・計量し、 関連諸施策ならびに人口動向把握等に必要な基礎データを得ることを目的とした調査で、独身者調査と 夫婦調査から構成されています。

調査対象は、独身者調査では「平成27年国民生活基礎調査」で設定された調査区から無作為に選ばれた 900調査区に居住する18歳以上50歳未満の全ての独身者で、夫婦調査では独身者調査と同じ900調査区に居住する50歳未満の有配偶女性です。

独身者調査では調査票配布数11,442票に対して有効票数は8,754票、有効回収率は76.5%でした。 また、夫婦調査では調査票配布数7,511票に対して有効票数は6,598票、有効回収率は87.8%でした。

第15回出生動向基本調査によると、独身者のうち

  • 彼氏がいない女性の割合は59.1%
  • 彼女がいない男性の割合は約69.8%

という数字が発表されており、独身男女ともに多くが恋人が居ないことが分かりました。

対していずれは結婚をしたいと思う割合は

  • 女性89.3%
  • 男性85.7%

と、非常に高い数値となっていて、今は恋人は居ないけどいずれは恋人を作って結婚したいと思う人がたくさん居ることがわかります。

現代人の恋人離れは年々進んでおり、その理由は様々です。

  • 恋人をつくる経済的な余裕がない
  • 恋愛をするより友達と遊ぶほうが楽しい
  • 恋愛がめんどくさい
  • 仕事が忙しくてそれどころじゃない
  • 恋人はほしいけど出会いがない
  • 好きな人は居るが、告白する勇気がない
  • 好きな人は居るが、告白して関係性が崩れるのが嫌だ
  • 自分に自信が持てなく、恋愛するのが怖い

様々な理由があると思いますが、ほんとのところは恋人が居る生活に憧れている人も多いでしょう。

恋人がほしくても、なかなか踏ん切りがつかない人もいると思います。

そんなあなたのために、恋人を作ると起こる15のいいことを挙げていこうと思います。

恋人を作ると起こる15のいいこと

1.好きな人と一緒に居る幸せを感じることが出来る

好きな人と一緒に居られることの幸せは、恋人が居ないと味わうことはできません。

好意を抱いている相手と触れ合ったり理解し合ったりすることで、ストレスが和らいだり、元気になれたりという「オキシトシン」という幸せホルモンが分泌されます。

恋人と触れ合うことによって幸せを感じ、精神的に安定することが出来ます。

2.イベント事が楽しくなる

恋人が居ると、クリスマスやバレンタイン、誕生日など、二人でイベントごとを過ごすことになりますね。

一年を通してたくさんのイベントがありますが、恋人が居ないと楽しくないようなイベントも数多くあります。

そのイベントの時しか行けないような場所、楽しめないような時間、これは恋人が居る人だけの特権です。

3.相手の気持ちを考えるようになる

恋人が居ない生活では、普段から相手の気持ちを深くまで考えるということはありません。一人でいるときはもちろん、友人や同僚、家族といるときでさえ、そこまで深く相手のことを考えることはそうないものです。

「どうしたら喜んでくれるだろう」「これを言ったら傷つけてしまうかな」

そんなふうに真剣に一人の人間を想うことは、恋人が居ない環境ではなかなかありません。

その「相手の気持ちを考える」ことは、恋愛以外の場面でもとても重要です。恋愛がその重要性を気づかせてくれることも多いでしょう。

4.知らないことを教えてくれる

自分一人が知っていることは、実はそんなに多くはありません。たくさんの人と触れ合うことで、その人の知識や考え方を取り入れ、人は成長していくものです。

恋人とは他の人よりも長い時間一緒に居ることになるため、その人の考えや知識とより深く関わっていくこととなります。

その中で、自分の知らないようなことを教えてもらう時間も多くなり、より成長することが出来ます。

5.オシャレになれる

恋人ができると、服装や髪型、体型を気にするようになります。

好きな人に良く見られるために、髪型を整えたり、体型を気にしたり、服を買ってオシャレをしたりと、自分を磨く努力をするようになります。

人と常にかかわる日常の中で、周りから好印象を持たれるのはとてもいいことですし、その後の自身の人生にもいい影響を及ぼしていきます。

6.仕事が頑張れる

金銭的な面では確かに恋人ができると出費が増えます。ですが逆に、恋人と過ごしたり自己投資をするために「頑張ってお金を稼ごう」という気持ちが強くなり、仕事に対してのモチベーションが上がります

ただなんとなくこなす仕事はなかなか苦痛なものですが、頑張る理由があるだけで仕事は楽しいものに変わります。

7.理解者が居ることでの精神的な安定

社会の中で、本当の意味で自分のことを理解しようとしてくれる人は多くありません。

仕事の悩み、対人関係の悩み、将来への不安

そんな悩みを真剣に聞いてくれる恋人の存在は、精神的に大きな安定を与えてくれます

心の支えがある生活とない生活では、人生の安心感が全く違うのです。

8.親が安心する

日本人の平均初婚年齢は31歳と言われていますが、結婚するためにはまず恋人が必要になりますね。

女性は35歳を過ぎると出産のリスクも飛躍的に増え、歳を重ねるほどに子供が作りづらい状況になってしまいます。

親としては、なるべく早く孫の顔が見たいところ。恋人の存在があるだけで、親は安心してくれることでしょう。

9.金銭的な余裕ができる

女性の社会進出が進んでいると言われる現代社会においても、まだ男女の収入の格差は大きくあります。女性が一生一人で生きていくということは、男性よりも難しいのが現状です。

また今は共働き世代とも言うように、一昔前の「男性が一家の収入をまかない、女性は家事に専念する」という時代とは変化しています。

恋人と協力して生活することにより、生活の質をより安定したものにできます

10.風邪を引いたとき看病してくれる

風邪を引いて高熱で動くこともできない…

そんなときに恋人が居てくれると、スポーツドリンクや薬を買ってきてくれたり、おかゆを作ってくれたり、部屋を片付けてくれたりと、こんなに心強いことはありません。

弱っているときほど、そばに恋人が居てくれると安心しますし、これほど心強いことはありませんよね。

11.自分が間違っているときに叱ってくれる

人間だれしも間違った考えを持ってしまったり、間違った行動をしてしまうときがあります。

一人でいるとそれに気付けなかったり、気付いていても自分一人では治せなかったり。

でも恋人が居れば、真剣にそれを叱ってくれます。想っているからこそ、ずっと一緒に居たいと思うからこそ悪いところを直してほしい。そんな気持ちから真剣に叱ってくれるのです。

信頼しあえる恋人が居るということは、成長していくためにとても重要なことだと言えますね。

12.嬉しさは2倍、悲しさは半分にできる

恋人が居ると、様々な感情を共有することができます。

嬉しさや楽しさは二人で共有することによって2倍に感じることができ、逆に悲しいことや辛いことがあったときは、その苦しみを半分こにして支え合うことができます。

実際一人なら耐えられなかったことも、恋人のおかげで乗り越えることができたという人が大勢います。

恋人の存在がプラスに働くとき、その力は思う以上にとても大きなものです。

13.一緒に居ると暇しない

休みの日「何をしていいか分からない」「暇だけどやることが無い」と思うことはないでしょうか?

恋人が居ると、そんなときでも一緒に楽しめることを探してくれたり、たくさんお喋りして退屈を紛らわせたりと、暇することがありません。

一人なら出掛けないようなところにも出掛けることができます。暇な時間をもてあそばないためにも、恋人を作ることをお勧めします。

14.ごはんが美味しい

一人でご飯を食べているときと、恋人とご飯を食べているとき、どちらが美味しく感じるでしょう?

間違いなく恋人と食べているときですね。

一人の食卓ほど寂しさを感じる瞬間はありません。また「どうせ一人だから」と、適当に済ましてしまうことも多くなってしまいます。それでは栄養も偏りますし、いいことは何もありません。

恋人と楽しく栄養満点なご飯をバランスよく食べることは、健康にも精神的にもとても良いことです。

15.眠りにつくとき寂しくない

一人の夜、眠りにつこうとベッドに入ってふと寂しさを感じることはありませんか?

夜になると「セロトニン」という伝達物質が分泌されなくなります。この「セロトニン」は気持ちを落ち着かせてくれたり、前向きに考えるようにさせてくれる物質です。

この「セロトニン」が減ることによって、寝る前に無性に寂しくなってしまうのです。

しかし恋人と一緒に寝ることで「オキシトシン」という幸せホルモンが分泌され、精神的に安定した状態で眠りにつくことができます。

さいごに

いかがだったでしょうか。

  1. 好きな人と一緒に居る幸せを感じることが出来る
  2. イベント事が楽しくなる
  3. 相手の気持ちを考えるようになる
  4. 知らないことを教えてくれる
  5. オシャレになれる
  6. 仕事が頑張れる
  7. 理解者が居る事での精神的な安定
  8. 親が安心する
  9. 金銭的な余裕ができる
  10. 風邪を引いたときに看病してくれる
  11. 自分が間違っているときに叱ってくれる
  12. 嬉しさは2倍、悲しさは半分にできる
  13. 一緒に居ると暇しない
  14. ごはんが美味しい
  15. 眠りにつくとき寂しくない

恋人が居るとこんなに良いことがたくさんあります。

もちろん相手がいる以上は良いことばかりではありません。裏切られたり、大きく傷つくこともあるでしょう。

ですが、恋愛をしない人生は愛の無い人生です。愛の無い人生は彩りの無いモノクロの人生なのです。

恋愛に対して前向きではなかった人も、この記事を読んで恋人が居る生活の魅力を感じていただけたと思います。

恋人を作って、より楽しい人生を歩みましょう!

 

 

By SHUN